現在、就職の際に、インターンや海外留学などの経験が求められていますよね。

その際に重要になってくるのが、インターン受け入れ機関です。

そこで、わたしが3ヶ月間インターンとして働かせて頂いたPILIP JAMについて、ここで行ったこと、そこから何を得たかについてご紹介します。

 

なぜPILIP JAMでのインターンを応募したのか

実は、始めからPILIP JAMでインターンを希望していたわけではありませんでした。

2年前の渡比経験で、フィリピンのストリートチルドレンに興味を持ったため、それに関わるボランティア団体でインターンを希望していました。

ただ縁がなく(連絡しても返事が返ってこなかった)、職種は希望と違ってもフィリピンで働きたい!ということでフィリピンでビザ取得サポートを行っているPILIP JAMのインターンに応募しました。

 

PILIP JAMで何をしたのかー日々の業務

3ヶ月前から今までに私が任された業務は、

「ビザ関連」

・お客様のビザ手続きの同行

・お客様の銀行口座開設手続きの同行

「人事関連」

・インターン応募者の面接

・インターン生へのオリエンテーション

・提携企業との連絡

・マニュアル書の作成

・ミーティングの司会進行

「メディア関連」

・ビザやフィリピンの生活についてのブログ記事作成

・ビザやフィリピンの生活についての動画作成

・ホームページの編集

・ミーティングでの報告(プレゼンテーション)

「その他」

・新たな提携先との交渉

・新事業に関する調査

・契約書などの書類翻訳

・電話での問合せ対応

以上です。

英語での交渉なんかは初めての経験でしたし、慣れないパソコンを駆使しながら3ヶ月間、沢山のことをさせていただきました。

現在PILIP JAMは、ビザの取得サポートだけでなく、幅広く新事業を展開していく過程にあります。

その基盤を作る、つまり新事業立ち上げを担うことも、行ってきました。

ただ、自分の至らない部分から、周りに迷惑をかけたり、自分の任せれた仕事を失ったりしたこともありました。

何が出来るかは、自分次第ということです。

 

PILIP JAMのインターンで得たこと

では、このインターンから何を得たか。

それは、仕事をする上で、また生きていく上で不偏の価値となるものです。

では、不偏の価値とは何か。

私が得たものの中から3つだけ、ここでお伝えします。

1、スピードが価値

自分が送ったメールに対し、短文でも一日以内に返信が来るのと、長文で丁寧だが一週間後に届くのと、どちらに信頼が置けますか。

速さが信頼や安心につながります。

逆にいくら時間をかけても、遅ければその分信頼は失われています。

2、相手を考えることが価値

仕事をする際には、必ず相手がいます。一緒に仕事をする仲間、業務の先にいるお客様。

彼らが何を求めているのか、常に考える必要があります。

考える際には、相手の立場に立つ必要があります。

3、基盤を固めることが価値

基礎の基礎が一番重要なポイントです。

例えばメディア業務を行う際、情報収集が最も大事だと何度も何度も指摘されました。

動画の編集などにこだわるのではなく、

的確な情報を提供することが、何より見ている方にとって有益となり、必要とされます。

これも相手の立場に立つことにつながります。

 

これらPILIPJAMで学んだ「不偏の価値」は、場所や職種に関係なく重宝されるものです。

この記事を見てくださっている方の中で、PILIP JAMの主事業であるビザの取得サポート自体に興味がある方は限りなく少ないと思います。

(ただ前述の通り、現在は新事業を展開しているので、興味対象としての幅も同時に広がっているかと思いますが…)

私自身、冒頭で述べた通り、最初ボランティア団体でのインターンを探していました。ビザとは全く異なる分野です。

しかし、ボランティアを含むあらゆる分野に共通する価値を得られるPILIP JAMで、インターンをして本当に良かったと感じています。

 

インターンを検討している方へ、

フィリピンでのインターンを検討している方、

PILIP JAMでインターンをお考えの方、

ぜひ思い切って飛び込んでみてください。

想像以上の経験ができることを保証します!