初めまして!本日よりインターンとしてLIMONZ に参加しました。

『おたき』です!

今回インターンとして働こうと思ったのは、

大学卒業後の就職までの半年で、海外での就業経験を積みたいと思い応募させて頂きました!

自分の今までの海外英語修学は、2年前にフィリピン・セブの語学学校、その後イギリス、カナダに約半年ずつ、複数の国を転々とし様々な文化に触れてきました。

初めのセブでは、日本では体験し難い一日10時間英語マンツーマンレッスンというものを経験し、徹底的に英語の基礎を叩き込みました。そこでは、日本人よりも心温かいフィリピン人スタッフと場所さえ知っていればとても美味しいご飯や綺麗な景色、今まで平穏に日本で過ごしていた時には味合えなかった体験をしました。

イギリス、カナダにも行きましたが、もちろんそれらの国では、美味しいご飯素晴らしい景色にも出会えました。
やはり、英語圏で日本と全く違う文化や環境にも魅了されました。
人は同じものを求めるのではなく、違いを求めて常にそれを吸収、体現していかなくてはいけない大切さも学べました。

しかし英語を勉強し、本格的なビジネスを体験したいという理由だけだったら、
金銭的にもアジア人の感覚的にも確実にフィリピンが一番効率が良いと思い、今回もフィリピンを選択しました!

初めに就業経験をしたいと思い学びの場として探していたのですが、ちらほら出てくる場所はどこも語学学校のスタッフなどあまり魅力的なものではなく、ビジネスの経験を学ぶという目的もあったのでなかなか決断できずにいました。そこで見つけたのが『リモンズ』フィリピンの首都マニラで現地のフィリピン人スタッフと一緒に仕事ができる環境、他と違う魅力を感じて来ました。

このブログを書いている今は、
実際に、業務を始める前の段階ですが、
日本でも長期インターンをしていた経験もあり、それらの企業ともまた違った雰囲気を感じます。
今はまだ上手く具現化できていませんが、、、

そんな経緯できたマニラですが、日本では考えられないくらいな、車・バイク社会です。
その中でも現地の人たちは横断歩道もなく、少しでも車が途絶えれば
道を渡って行くようなとってもワイルドな人たちです。

そして切っても切れない縁なのが、食事です。
今まで、他の国では、毎日ジャガイモ、ビーンズの生活をしていたこともあり、
偏食には抵抗はないのですが、
お腹がメイドインジャパンなので、直ぐにお腹を壊してしまいます。。

しかしフィリピンに来たのだから屋台に挑戦してみようと思うのが現地に馴染むには一番ですよね!

初めは少し日本の雰囲気と違って乗り込むのにはかなり勇気が入りましたが、
いざ行ってみて食べてみると美味しく、味もそんなにしつこくなく
ヘルシーなご飯でいくら食べても太らないような気がします。

 

そして中でも、パン屋さんはオススメです!
屋台ではないですが日本では売ってないような形や色、
当たり外れがありそうでドキドキでしたが、砂糖が付いている系のパンはかなりおすすめです!
しかも、1つ8ペソ(16円くらい)でかなり安く、美味しいです!

 

次に、オフィス内ですが

周りに高層ビルが立ち並ぶその一角にオフィスエントランスは

日本の大手町を連想させるような綺麗な作りで中に入ってみてもかなり綺麗で驚きました!

窓から立ち並ぶビル街を観ながら仕事や会議ができたり

日本と比べると同じではないですが、かなり近しいレベルな環境下で仕事に望めます!

これから先、どんな困難が待ち構えているかわかりませんが

活路を見出しながら頑張って行きたいです

 

おたき

———————————————————————————

インターンに興味をもったあなたは ここからチェック

Limonz WEB媒体も合わせてチェックしてみてください!
リモンズ サイト
フィリピン永住権
YOUTUBE
Facebook
インスタグラム

 

Next post リモンズで学んだこと 海外インターン日記 フィリピン・マニラ

Previous post 平凡インターン生がwebデザイナー(仮)になった話

おたき

書いている国際人 おたき

Related Posts

A