こんにちわ!

先日、フィリピンの公共交通機関の1つである路線バスに乗ってみました。🚌

フィリピンのバスは日本の路線バスのような中型のバスではなく、旅行に行く際の使用する大型バスが主流です。通勤ラッシュや帰宅ラッシュの際は、その大型バスの中が人でいっぱいになったり、現地の皆さんはバスの中が満員でも乗ろうとします。日本の満員電車を思い浮かべて頂ければ簡単に想像がつくと思います😅

(バスの中です、とても混雑しているのがわかると思います)

 

○バス停と時刻表がない!?

また、バス停といったバス停はなく、皆さんバスが停まれるような場所に立って自分の目的地へと向かうバスを待ちます。そして、時刻表もありませんので、ただバスが来るのをひたすら待つのみです。

 

○扉と”止まります”のピンポンがない!?

フィリピンのバスは基本的に扉が付いていません。というのも、簡単に乗り降りするためです。日本の場合は、降りたいバス停の名前が呼ばれたら止まりますボタンを押すというのが一般的ですが、フィリピンには止まりますボタンがありません。では降りる際はどうするのかというと、”そろそろ降ります!”と言うか、降りる地名を運転手さんに聞こえるように言わなければなりません。バスを乗る際に気をつけていただきたいポイントですね!!不安だなと思う方は、扉付近の運転手に伝えやすい位置を確保することをお勧めします!ただ、バスの前の方は人の乗り降りが激しいので、後ろ側に比べて人が混雑しています。

 

○支払い方法は!?

バスに乗った後に、切符を売っている人が回って来ます。その方に、人数と目的地を伝え、渡された切符に書いてある数字を支払えば終了です。その切符はバスを降りるまでは見えるように持つか無くさないようにしましょう。

(バスの切符です。この場合ですと、合計が16.50ぺそになります)

○降りる際の注意!

基本的にフィリピンのバスは歩道があるところまで行かずに、歩道から3メートルまたは4メートル離れた場所に止まります。加えて、止まっている時間も少ないので素早く降りないといけません。なので降りる際は、後ろから車やジプニーが来ないかを確認しながら、素早く降りる必要があります。

(私がバスを使用した日のバスを待っている人たちです。)

 

バスを使用する際は、なるべく土地勘のある人や慣れている人と一緒に乗ることをお勧めします😎


ぜひ、リモンズのSNSをチェックしてみてください!✔️

私たちの日常やフィリピンのちょっとした情報を掲載しています!

#Facebook

#Instagram

#Twitter